2020年に小学校で「プログラミング教育」が必修化されることになり、お子さまの習い事として「プログラミング教室」が注目されています。

プログラミングは専門的な知識が必要で、自宅で学習させるのが困難なため「プログラミング教室」に通うことを考えられるご家庭も増えてきています。
そこで小学生向けのプログラミング教室を選ぶポイントをまとめてみましたので、ご参考になれば幸いです。

プログラミング教室とは?
一般的に、子ども向けプログラミング教室は『年齢や理解に合わせて楽しくプログラミングを身につけるコース』が用意されています。
プログラミングというと英語のコードを書くイメージがあると思いますが、子ども向けのプログラミング学習アプリを使用し楽しくわかりやすく勉強します。

いつからプログラミング教室に通えるの?
教室によりさまざまですが、わかりやすく明記してあることが多いです。
ミライエの教室に関しては小学校低学年から可能で、そういったところが多いかと思います。

どんな種類があるの?
大きく2種類に分かれます。『パソコンの画面上で動くプログラムを勉強するもの』と『ロボットなどを動かすプログラムを勉強するもの』です。

期間はどうなっているの?
春休みや夏休みを利用した短期のものや、塾のように毎月通うもの、オンラインで学習できるものなど様々です。
・長期:一斉レッスン型
・長期:個別レッスン型
・単発:ワークショップ・キャンプ型
・長期:通信・オンライン型

 

「プログラミングは将来性のあるスキルです」
IT化が進んでいる現代では、将来人手がいらなくなる職種も出てくるといわれています。しかし、プログラマーやシステムエンジニアはこれからも安定した雇用が期待出来る職種です。
さらにIT化が進むと、どんな職種でもプログラミング技術が必要な可能性は高いです。
学んでおいて損はありません!ぜひプログラミング教室を考えてみてはいかがでしょうか?