Q:どうして、パソコンはレンタルなのですか?
A:2020年に小学生1人1台、タブレットを持たせるという目標が掲げられていますが、オーストラリアの小学生ではすでに1人1台の環境です。楽器でもスポーツでも自分の道具の方がじょうずになります。パソコンも自転車と同じように1人1台になってほしいですね。ミライエではパソコンレンタル費を頂いております。レンタル費を払うくらいなら買った方が得ですね。
1人1台のパソコンでの授業があたりまえ! 世界のデジタル教育最新事情

Q:どのくらい通えば、スキルが身につきますか?
A:ミライエのカリキュラムは月2日コースで1年で1フェーズを終了するように構成しています。出来るだけ1年は通っていただくのがよろしいかと思います。また、年に1度スキルアップを確認できるプログラミングコンテストを行う予定です。

Q:将来、役に立つものですか?
A:ミライエではプログラミングの学習を通して、プログラミングの知識はもちろんですが、アイデアを形にするデザイン設計力、自ら作る自主性、自らのアイデアを形にするプレゼン能力を磨くようなカリキュラムとなっています。これらを通じて「新しいものを考え出す力」「問題を解決する力」を身につけていただけることを目標にしていますので、将来に役に立つと思います。

Q:なぜ、ロケット開発もしてないのに、イメージにロケットを使っているのですか?
A:ロケット開発は数多くのテクノロジーやアイデアの結集だと私たちは考えます。子どもたちが大きくなった時に自らのアイデアやスキルで未知なる宇宙へ飛び立ってほしいとの思いからロケットをイメージに使っています。

Q:ゲームばっかりやっているのではないのですか?
A:他から見るとそのように見えることもあろうかと思います。ゲームはある意味プログラミングの集大成的なところもあります。ゲームを通じてプレイヤーの問題や希望を解決することを通じて多くを学ぶ機会の場となっています。

Q:プログラマーになる予定はないのですけど、必要ですか?
A:「新しいものを考え出す力」「問題を解決する力」が身につくのを目標にしています。これらはプログラマーにならなくてもこれからの世の中では必要な能力だと思われます。

Q:AI(人工知能)についても教えてくれるのですか?
A:ミライエのメンター(講師)の中には仕事でAIを開発しているスタッフもいます。フェーズ2を終える頃にはAIについても少しは触れる事ができればうれしく思っています。そして、将来的に一緒にイノベーティブなものを世の中にリリース出来ればすばらしいですね。