2020年に小学校で「プログラミング教育」が必修化されることになり、お子さんの習い事として、「プログラミング教室」が注目されています。

プログラミングは専門的な知識が必要で、多くのご家庭では自宅で学習させるのが困難な為、「プログラミング教室」に通うことを考えられるご家庭も徐々に増えてきています。
そこで、小学生向けのプログラミング教室を選ぶポイントをまとめてみましたので、ご参考になれば幸いです。

プログラミング教室とは?
子ども向けのプログラミング教室は、年齢や理解に合わせて楽しみながらプログラミングを身につけるコースが用意されています。
プログラミングといっても、初心者にいきなり英語のコードを書かせるわけではなく、子ども向けのプログラミング学習アプリを使用します。

いつからプログラミング教室に通えるの?
小学校低学年から可能です。

どんな種類があるの?
大きく2種類に分かれます。パソコンの画面上で動くプログラムを勉強するものと、ロボットなどを動かすプログラムを勉強するものです。

期間はどうなっているの?
春休みや夏休みを利用した短期のものや、塾のように毎月通うもの、オンラインで学習できるものなど様々です。
・長期:一斉レッスン型
・長期:個別レッスン型
・単発:ワークショップ・キャンプ型
・長期:通信・オンライン型

プログラミング教室 選ぶポイント
一口に「プログラミング教室」と言っても様々なスタイルがあります。一つのプログラミング言語だけを学習する教室から複数のソフトを使う教室、ロボットを動かすプログラミングまで教えてくれる教室など多種多様です。まずは無料体験できる教室に参加してみてはいかがでしょうか?

チェックポイント!
◉論理的思考力が身につくプログラム
幼少期からプログラミングを学ぶと、論理的思考力が身につき、物事を考える上で最適な方法を選ぶ力が身につきます。そういった論理的思考や学習能力が身につくプログラムになっているかどうか、無料体験でチェックしてみましょう。
(論理的思考力は、問題解決、プレゼンテーション、文章作成など多くのスキルの前提となる基礎スキルです。論理的思考力が向上すれば、他のスキルも向上していきます。)
大人より、子供の方が論理的思考力は身につけやすいとも言われていますので、小学生のうちからプログラミングを始めるのはメリットになります。

◉スケジュールが豊富
せっかく教室に通おうと思っても、時間が合わないということもあります。
授業スケジュールは豊富な方がいいでしょう

◉料金体系が適正
「受講料」以外にも「入会金」「教材費」「パソコンレンタル費」など、かかる場合がほとんどです。
事前によく確認してみましょう。

◉スキルアップして学べるコースがある
ひとつのコースで終わりでなく、最初は「Scratch(スクラッチ)」や「Viscuit(ビスケット)」などのソフトを使用し、年齢や学習レベルが上がると「Ruby」「Python」「Java」などの本格的なプログラミングを学べる様々なコースがある方がいいでしょう。

◉プレゼンテーションの場がある
プログラミング学習を教わって終わりではなく、自分のアイデアや作品を発表する機会がある方がいいでしょう

◉使用するパソコンについて
教室で使用するパソコンは、レンタルで教室のパソコンを使用する場合と、自分のパソコンを持ち込んで使用する場合があります。
出来れば、持ち込みの方が自分のパソコンとして使用できることで応用力も身につき、やる気にもつながると思います。

◉無料体験授業
無料体験を行っている教室がほとんどですので、体験授業で具体的に様子を見てみましょう。
雰囲気はどうか?教えてくれる先生はどうか?テキストなどの教材が適切なものか、実際に体験して判断しましょう。